トップ> 製品情報

製品の特長

2つの測定ボアに別のL/D比を持つダイスを設定すれば、ワンパスで管長補正された粘度測定が可能。幅広いせん断速度領域で管長補正は測定精度の向上、測定時間の短縮に貢献します。ラビノビッチ補正を標準計算。ダイス内流動については速度分布を自動補正し、測定誤差を低減します。


実際の成形における速度域の伸張粘度が得られます。伸張粘度は分子構造に敏感なパラメーターであり、流動性に大きな影響を及ぼします。成形速度での伸張粘度により信頼性ある加工性の評価を実現。ランナー狭さく部の流動性・インフレーション成形の寸法安定性、中空成形のドローダウン性、キャスティングでの寸法安定性など様々な流動場にて伸張粘度は大きな影響を与えます。

ボア内でサンプル圧力を直接検出する事により高い精度と再現性が得られます。高い測定再現性により、繰り返し測定が不要。1回の測定で管長補正も得られるため、大幅に測定時間を短縮します。使用するセンサーは交換が容易で、測定条件・サンプルに合わせて最適な測定レンジを選択する事も高い再現性に寄与しています。また、ピストンを介した荷重の測定と異なり、摩擦やサンプル量の違いによる影響を受けません。

最大100kN(オプション)のピストン荷重を達成しながら、最新のモーター制御技術と新開発エンコーダーによりピストン全域で0.02μmの位置分解能を実現します。せん断速度領域は0.02~9.6×105/sと幅広い範囲をカバーします。高荷重性能と分解能により溶液からゴム・熱硬化性樹脂の高せん断速度測定まであらゆる測定に対応します。

高精度白金センサーとセラミックヒーターによる高精度の温度制御を行います。圧力センサーは測定開始前の簡単な0点キャリブレーションにより温度ドリフトによる誤差を補正します。また、圧力センサーへの電気ノイズを僅少にする新設計がされています。ピストン移動全域での誤差は50μm以下を達成します。

ピストンの上下動や温度設定は本体のタッチパネルからも操作できます。週間タイマーによる測定温度への自動昇温も可能です。圧力センサーの出力状態やバレル各ゾーンの温度もリアルタイムで表示されます。

◎製品情報
・高精度測定のための様々な工夫
・伸張粘度による加工性の評価
・高い測定再現性
・最新のモーター制御と広範なせん断速度
・抜群の制御技術
・機能を集約したタッチパネル

◎本 体
・測定原理
・加工性の評価に必要なパラメーター
・正しい情報を得る為の必要な補正

◎計算式
・みかけのせん断応力とせん断速度
・みかけの粘度
・バーグレー補正
・パワーロウ・インデックス:N
・ラビノビッチ補正
・伸張粘度

◎応用例
・LLDPEの加工性評価
・フッ素系樹脂(ETFE)の加工性評価
・ポリカーボネートの加工性評価
・ゴムの加工性評価

◎オプション
・ABSの温度による加工性の相違
・メルト・ストレングス評価装置
・ダイ・スウェル評価装置
・P-V-Tテスト用ソフト及びハードウェア
・スリット・ダイ・システム

◎仕 様
・メカニズム
・測 定
・温度制御
・キャピラリー・ダイ
・RheoSolveソフトウェア仕様

ページの先頭へ