補正された正確なせん断粘度の測定を高い再現性で実現。
さらに伸張粘度も簡単に測定を可能にし、素材の本質を見極めます。
柔軟な制御ソフトウェアや堅牢なフレームによる測定誤差防止など、
成形に必要な正確な情報を顕著にさせるイマテック社のR6000は、
材料設計に新たな指標を提供します。

主な特長

測定筒が2本あるコンピューター制御式ツイン・キャピラリィ・レオメーター。

オペレーターによる定期的な較正作業は一切必要なし!
白金センサー(高精度0.01%・温度安定性0.0003%/℃・経時的変動率0.001%/年)で自動較正。

バレルを3ゾーンに分割し、各ゾーンが独立して温度コンロール。バレル全体の温度均一性も抜群!
温度コントロール用センサーは新開発のナックル・ヒーターで、バレルの中心部にごく近い位置に設置。サンプル温度が正確にコントロール。

ピストン・スピードの可変範囲は0.01mm/minから500mm/min(オプションで最高速度1.000mm/min)。
0.25mmのダイの使用で、せん断速度は9.6×105/s まで。

樹脂圧力の測定には超精密級圧力センサーを使用し、測定安定性も抜群!
ソフトウェアに圧力平衡点検出機能があり、精度の高い圧力データを必要最小限の時間で取り込み。

圧力センサーをダイ入り口に挿し込み、直接、樹脂圧力を測定。ピストンに加えられる荷重は、別途ロードセルで計測。

測定中に有毒ガスが発生する場合に備え、強制排気装置の設備も可。

ピストン荷重、樹脂圧力のオーバーロードに対するインターロック・システム。

万一に備え、装置前面部には安全装置付きのドアを装備し、オペレーターの安全が確保。

詳細な情報

◎製品情報
・高精度測定のための様々な工夫
・伸張粘度による加工性の評価
・高い測定再現性
・最新のモーター制御と広範なせん断速度
・抜群の制御技術
・機能を集約したタッチパネル

◎本 体
・測定原理
・加工性の評価に必要なパラメーター
・正しい情報を得る為の必要な補正

◎計算式
・みかけのせん断応力とせん断速度
・みかけの粘度
・バーグレー補正
・パワーロウ・インデックス:N
・ラビノビッチ補正
・伸張粘度

◎応用例
・LLDPEの加工性評価
・フッ素系樹脂(ETFE)の加工性評価
・ポリカーボネートの加工性評価
・ゴムの加工性評価

◎オプション
・ABSの温度による加工性の相違
・メルト・ストレングス評価装置
・ダイ・スウェル評価装置
・P-V-Tテスト用ソフト及びハードウェア
・スリット・ダイ・システム

◎仕 様
・メカニズム
・測 定
・温度制御
・キャピラリー・ダイ
・RheoSolveソフトウェア仕様

ページの先頭へ

ページの先頭へ